長年悩んだ目のコンプレックス|憧れのパッチリ二重は名医にお任せ

女性

憧れのぱっちりお目目に

目元

ぱっちりお目目が人気

あなたの目は一重でしょうか、二重でしょうか。私たちが日常テレビや雑誌で見かける芸能人やモデルの大半は、しっかり二重のぱっちり目ですが、一般の方の半数は腫ぼったい一重だと思います。また一重まぶたの方の中には、不機嫌なわけでもないのに「なにか怒ってるのか」と聞かれたりと、先方から良い印象を抱いてもらえないこともあるでしょう。目は口ほどに物を言うではありませんが、やはり第一印象で良い印象を与えるにはぱっちり目というのは有効なポイントです。テレビや雑誌そしてインターネットの普及が進み、美容整形業界の宣伝広告や整形の体験者を目にする機会が増えたことで、低年齢でも二重整形に対して興味や関心を抱く方が増えてきています。また二重整形に対する抵抗感が減っている理由として、その方法が多様化し料金もお手頃になってきていることも挙げられます。従来から行なわれているメスを使う整形はもちろん、メスを使わない埋没法などが出てきたことで身体にメスを入れるという恐怖心が減少し、術後の経過もメスを使うより早く回復することから、美容整形外科へ一歩踏み出す勇気が出てきたという方が多くいます。

ぱっちりお目目になるには

二重のぱっちり目になるには、まぶたや目頭をマッサージしたり、二重形成コスメなどのプチ整形アイテムを利用する方法もあります。しかし腫ぼったい一重の方はそれらを方法を駆使しても日によってはうまく二重にならず、諦めざるを得ないことになってしまうこともあるかと思います。また左右のまぶたで二重幅が違ったり、理想とする目の形と違ったりする場合にも美容整形が大きな変化をもたらしてくれます。美容整形を受けると決めた方の中にはまぶたマッサージや二重形成コスメの使用を止めてしまう方もいるかと思いますが、継続していきましょう。一言で二重整形と言っても、手術方法な手術時間そして費用や保証内容など面で違いが出てきます。そこで普段から二重まぶたになるためにまぶたのマッサージをしたり二重形成コスメを使用するなどして、多少なりとも二重線をつけておくことで、メスを使わずに済んだり、埋没法で施術した場合にその後の定着率が上がったりと、施術前の本人の努力次第で手術費用や効果を向上させることができるのです。