長年悩んだ目のコンプレックス|憧れのパッチリ二重は名医にお任せ

女性

簡単にできる施術

顔に触れる女の人

埋没法手術の特徴

メスがいらない簡単な二重まぶたの美容整形として普及しているのが、埋没法です。埋没法はプチ整形の一種で、髪の毛よりも細い糸を使ってまぶたに二重のラインを作り、一重を二重まぶたにする整形手術です。切開をしないのでその分失敗するリスクは少なくなります。また、もしも気に入らない仕上がりになったとしても、再手術をして修正することが可能です。手術時間は両目で15分〜20分ほどで終わります。痛みがないように、手術前に点眼麻酔や局所麻酔をするので安心です。手術後は泣き腫らした後のようにまぶたが腫れますが、一週間ほどで落ち着いてきます。自然な二重のラインになるまでには一ヵ月ぐらいの期間が必要です。埋没法には一点止めや二点止めや三点止めなどがあり、同じ埋没法でもクリニックによって糸のかけ方や結び方などが違います。一点止めは1万円くらいでもできますが、まぶたの脂肪が厚いと人によっては糸が取れてしまうことがあります。三点止め以上にすると強度が高まって取れにくくなります。

おすすめの手術プラン

簡単な手術で生まれつきのような自然な二重になれるのがプチ整形の埋没法です。埋没法をするときには、クリニック選びがとても大事です。同じ埋没法の手術でも、手術の仕方、医師の経験、スキル、センスが結果を左右します。激安な手術プランで埋没法ができるクリニックもあります。しかし、埋没法はもとに戻ってしまうリスクがあるので、再手術無料保証がついている手術プランを選ぶのがおすすめです。再手術無料保証がついている手術プランは普通の手術よりも少し高くなりますが、もしも保証期間以内に元の一重まぶたに戻ってしまっても、無料で再手術をしてもらえるので安心です。腫れが気になる場合、腫れにくい手術をしてくれるクリニックがおすすめです。腫れにくい方法で埋没法をすれば、普通の埋没法よりも術後のダウンタイムが短くなります。埋没法で二重まぶたにしたいけど、学校や会社を休めないという人におすすめです。普通の埋没法でも、なるべく手術直後は安静にしていること、血行が上がるような運動や入浴は控えることで腫れを抑えることができます。